上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

快速旅團さんが伝伍の後継となるフルカバード参天のテストをしているみたいです
ccc38eb96c49ffced82e-LL.jpg b55d8f93.jpg

サイズ的には伝伍に準拠

幕体素材は伝伍のNano-tex 30dnナイロンから40dnナイロンタフタに変更

裾のバグネットの省略、ペグループテンショナーの廃止等、省略されたギミックがあります

省略されたギミックは伝伍を使っていてあまり必要性を感じない部分でもあり、仕舞寸法や重量のメリットを考えると歓迎です

 

30dnから40dnと幕体の厚みが増えたにも関わらず、伝伍比で重量は100gアップの1.2kg、仕舞寸法が変わらず35x14cmφというのは省略化の賜物でしょう

 

幕体変更で耐風性が向上していると思います

Nano-tex素材は高い撥水性で水を弾き、生地を薄くできるので軽さと畳んだ時の小ささにはアドバンテージがありましたが、薄いという事は風に弱いという事で、厚い生地の方が強風時は安心感があるかと思います

透湿性は低くなってるので結露は伝伍に比べて多くなる、かな

 

価格が抑えめというのもポイント

個人的に2万円台中盤あたり、高くても3万は切ってくるだろうと予想

エントリー参天として良い立ち位置になるんじゃなかろうか

丈夫な素材なのでガンガン使うヘビーユーザーにも支持されそう

 

発売が楽しみ

スポンサーサイト
2010.02.10 / Top↑
参天、伝伍とウィングタープのシルウィングを連結させた様子のレポ

DSC_0190_R.jpgDSC_0191_R.jpgDSC_0202_R.jpg

高さ183cmの伝伍に対して190cm程に伸ばしたポールを使用
高さ的には丁度いいかな
大抵の参天はその構造上、雨の時に入口を開放していると雨が入り込んでくるのだけど、タープの連結で克服です
風に対しては受ける面積が増えた分、弱くなてってると思うので強風時はタープを外すのがデフォになりそうですねぇ

伝伍の中から考えれば、4,5人での宴会なら問題無さそうです
以前、内山牧場で小雨の際、かぎまっちょっさんのタープには助けられました
あの巨大タープにこいつを近付けて設営すれば10人くらいはいけそうですwそんな機会があるのかはまた別w

シルウィングはその名の通り30dnのシルナイロン製
1384854253_188.jpg
この仕舞の小ささは助かります
これでもまだ余裕があるので圧縮できそう

伝伍と連結させて快適参天キャンプも良し、単独でタープキャンピングも良しとシルウィングは使いでがありそうです
2010.02.09 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。